• トップ /
  • ビジネスにも終わりがやって来る

ビジネスの清算について

ビジネスにも終わりがやって来る

ビジネスの終わりは清算が必要

ビジネスが終わるときは、会社員には全く分からないです。そう簡単につぶれるものではないと心底願っているからなおさらです。そのような前兆は、家族経営のビジネスであればあるほど分かりません。いくら管理していても倒産するときは倒産します。会社法上では、法人が破産や解散で活動を終了する場合に、それまで管理集積した債券や債務を解消し、残った財産を構成員に分配するときに、清算という言葉が登場します。法人の場合には、多数の利害関係人の利害を管理調整し、債務の弁済や財産の分配を公平におこなう必要があります。それら困難な処理を行うために民放や会社法その他団体に関する法律によって手続が定められています。処理中の株式会社は清算株式会社と呼びそれが結了するまでは、株式会社として解散の決議なども存続します。また定期株主集会も開かれ原則として結了の登記を行うことで、株式会社は消滅します。法定の方法は、株式会社や公益法人等では強制され清算人によりおこなわれます。任意に定めた方法では、合名会社や合資会社において、定款又は総社員の同意によりおこなわれます。これからは一つの会社で終身務めることは難しくなります。長い人生、転職や自分で起業し長寿社会を終身ビジネスの現役として過ごしましょう。

バックナンバー

ビジネスの基本情報

↑PAGE TOP